MELLOW GOLD BECK

MELLOW GOLD

 BECKの1994年発表の1stアルバム、"MELLOW・GOLD"。このアルバムから BECKの名曲、"Loser"が生まれた。このアルバム、"MELLOW・GOLD"はとても アコースッティク感のある曲の多い作品です。フォーク、ロック、ブルース、ヒップポップ、 パンクとたくさんの音楽が混じった音楽をするアメリカらしいミュージシャンです。

 アメリカでミクスチャーが生まれて、間もなくさらにロックを発展させたBECK。この 1stアルバムでいきなり、カルチャーショックを受けるような凄いアルバムを作り上げ たBECK。さらに全米チャートで"Loser"が1位を獲得しました。デビューしていきな り、チャートで1位になることは不可能ではないですがとんでもないことです。

 BECKはこのアルバムですでにジャンルが定まらないような作品を作り上げました。 ヒップポップとロックが混ざったような音楽と感じたのですが、それに加え、オルタナの すぐ後くらいに台頭しだしたミュージシャンだけあって、グランジロックの音もたくさん入 っています。

 そして、アコースティック感のある暗い曲などもたくさん入っていて、このアルバムで はまだ、主はロックという感じの音楽です。USAの音楽はすぐに何でも取り入れ、新 しい音楽が生まれ、これまでの観念を壊してくれる音楽です。その中でもとても音楽 を変えたBECKと言っても過言ではありません。



曲 MELLOW GOLD



1.Loser

BECKの代表する曲です。名曲です。

2.Pay No Mind (Snoozer)

アコースティックな美しい曲です。

3.F_ _ _in With My Head (Moutain Dew Rock)

イントロでディストーションが強く入ったかっこいい曲です。

4.Whiskeyclone,Hotel city 1997

ゆっくりとした速さのフォークブルース。

5.Soul Suckin Jerk

ほとんどヒップホップという感じのダンサフルな曲。とてもクリエイティブな感覚を感じるBECKらしい曲。

6.Truckdrivin Neighbors Downstairs(Yellow Sweat)

不思議な雑音と声から始まる曲。その後も朗読と不思議なギターの音が続く曲。

7.Sweet Sunshine

リズミカルなドラムから始まり、気だるいベースの音とボーカルの続く曲。 NIRVANAであったようなグランジの音の曲。

8.Beercan

これまでの曲とは一転して、アップテンポのかなり乗りの良い曲。

9.Steel My Body Home

かなりゆっくりとした不思議な曲。呪文のような曲。

10.Nitemare Hippy Girl

アコースティックギターのリズムギターが目立つ感じのフォークソングです。

11.Mutherf_ _er

うなりを上げたような音から始まる曲。かなりコア音の曲。

12.Blackhole

とても不思議な音の曲。民族の要素も感じる曲です。壮大さを感じる曲です。
少しシークレットをあけた後、奇妙な音が始まる。