VANISHING POINT  PRIMAL SCREAM

VANISHING POINT

 1997年、5thアルバム"VANISHING・POINT"。ダブサウンドというプライマル特有の音 楽はこのアルバムで開花しました。このアルバムをきっかけに日本でもいろんなミュージ シャンがダブサウンドを取り入れたり、ダブサウンドの作品を作ったりしてきました。そん なロック史上革命的な音楽の作品、"VANISHING・POINT"。

 2010年の今聴いてももこのアルバムはかなり先へ進んだアルバムでまだ時代がこ の作品に追いついてきていない感じです。できればこれを書いてる年代などは書かない でいたかったのですがこのアルバムの凄さを伝えたいくて、さらに今も追いついてないと いうことを表現したいために書いてる年を書きました。

 このアルバムをよく聴くと例えば"Sgt・Pepper's・Lonely・Hearts・Club・Band"のテイスト をところどころ感じます。PRIMAL・SCREAMはどこか過去のミュージシャンを感じる作品 が多く、ここでは"Sgt・Pepper's・Lonely・Hearts・Club・Band"を参考にした感じが伺えま す。つまりこの"VANISHING・POINT"はプログレッシブとして作られているようです。

 そのせいか1曲の曲の中でかなり転調させますが、デジタル音楽だから転調するのは 普通なのかもしれませんが、プログレを意識してるのは凄く感じる作品です。プログレと デジタルの境がわかりにくくなった作品でもあります。PRIMAL・SCREAMと言えばデジタ ル音楽の代表のようなバンドなのでやはりデジタルロックなのでしょう。

曲 VANISHING POINT



1.BURNNING WHEEL

最初の曲からいきなり凄いんです。デジタル加工されたアップテンポの曲は最強の音を作りだしています。 ベースにはサイケデリックな音質があります。この曲はかっこいいの一言の曲。良い曲です。

2.GET DUFFY

同じようないろんな音の繰り返しがずっと流れている曲。

3.KOWALSKI

ろいろな音が入ってきます。音の輪状感がすさまじい曲。音の加工具合が凄い。 良い曲です。

4.STAR

幻想的できれいな優しい曲。やわらかい音に包まれたような曲。やわらかいタオルに 包まれるような感じになります。良い曲です。

5.IF THEY MOVE, KILL'EM

冷たい感じの金属音のような音から始まり、激しいギターが流れる凄い冷たい感じの曲。 STONE・ROSESのテイストのある感じの曲。

6.OUT OF THE VOID

暗い曲。この空気感は表現できません。幽霊が唄ってるような曲。ゆっくりとした無機質な感じのする曲。

7.STUKA

ゆっくりと音は流れますが狂気の人の曲みたいです。ちょっと怖い感じの曲。 良い曲です。

8.MEDICATION

このアルバムで曲らしい曲のひとつですが、やっぱりデジタル音楽のテイストが入っています。 デジタルでドロックという感じです。わりと聴きやすい編曲になっています。良い曲です。

9.MOTOR HEAD

かなり怖い声の始まりで始まる曲。その後はドロックっぽい感じです。 ハードな音の曲。ベースの使い方は新しい音の作り方です。

10.TRAINSPOTTING

映画になった"TRAINSPOTTING"のタイトルのついた曲。UKのアンダーグラウンドの世界を感じるメロディ。 ギターラインやリズムなどはUKらしい感じの曲。DOORSがまだ音楽をやっていればこんな感じになっていたような曲。 リズムに特徴のある曲。

11.LONG LIFE

けだるく歌った、ゆっくりとした曲。ダブサウンドだけに何重にも音を重ねてる曲です。半分インストのような曲。 良い曲です。